健康診断 病院 治療 ダイエットなど健康情報

山ゆり

健康診断を受けよう

健康診断は、生活習慣病などの予防や早期発見には欠かせません。
1年に1度、健康診断を受診されることをオススメします。
会社勤めされている方なら1年に1度は必ず受診されていると思いますが、それ以外の方(自営業、フリーター、専業主婦、無職など)は、ご自身で健診機関を探して受診する必要があります。
健康診断といっても種類も多く検査内容によって料金も異なります。
実際どれを受ければいいのかわからない、という方も多いと思いますので、ぜひご参考下さい。

スポンサーリンク

健康診断の種類

健康診断は年齢等によって検査必須項目は異なりますが、基本的に以下の数種類に分けられます。

法律で定められている定期健康診断

一般的な定期健康診断は法律で検査項目も定められています。
そのため、「法定健診」とも言われます。
検査項目は以下の通りです。

定期健康診断(安衛則第44条)
1 既往歴及び業務歴の調査
2 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
3 身長*、体重*、腹囲*、視力及び聴力の検査
4 胸部エックス線検査及び喀痰検査*
5 血圧の測定
6 貧血検査(血色素量及び赤血球数)*
7 肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)*
8 血中脂質検査(LDLコレステロール,HDLコレステロール、血清トリグリセライド)*
9 血糖検査*
10 尿検査(尿中の糖及び蛋白の有無の検査)
11 心電図検査*

会社勤めされている方は会社負担で健康診断を毎年受診されていると思いますが、この法定の定期健康診断の検査項目は必ず受診されているはずです。
会社によってはこの定期健康診断に胃部エックス線検査、検便検査等をオプション追加して、より充実した健診を行っていることもあります。

なお、「*」が付いている検査項目は省略できる場合があります。
医師が必要でないと認める時に省略できる検査項目として、例えば腹囲測定は「40歳未満(35歳を除く)の者」は省略できます。
貧血検査、肝機能検査、血中脂質検査、血糖検査、心電図検査も「35歳未満の者及び36~39歳の者」は省略できるとされています。
また、喀痰検査なども条件により省略できます。
ただし、あくまでも省略できる場合は「医師が必要でないと認める時」ですので、基本的にはすべて受診すると思って間違いありません。

会社勤めされていない一般の方が健康診断を受診される場合は通常はこの「法定の定期健康診断を受けたい」と申し出れば問題ありません。

会社に雇われた際に行う雇入れ時健康診断

就職活動してめでたく内定決定して会社に入社後には健康診断を受ける必要があります。
これを「雇い入れ時健康診断」と言っています。
※一部で入社前に自己負担で健康診断を受診させる会社もありますが、通常は入社後に会社負担で健康診断を受診するのが望ましいです。

検査項目は以下の通りです。

雇入れ時健康診断(安衛則第43条)
1 既往歴及び業務歴の調査
2 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
3 身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査
4 胸部エックス線検査
5 血圧の測定
6 貧血検査(血色素量及び赤血球数)
7 肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
8 血中脂質検査(LDLコレステロール,HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
9 血糖検査
10 尿検査(尿中の糖及び蛋白の有無の検査)
11 心電図検査

雇い入れ時健康診断の場合は、省略できる検査項目はありません。
基本的に以上すべての検査項目を受診する必要があります。

オプション検査

上記の定期健康診断の検査項目だけでは物足りない、と思う場合もあるでしょう。
その場合は、色々なオプション検査を受診します。

肝炎検査や眼底検査、腫瘍マーカー、胃部エックス線検査、ペプシノーゲン検査などを追加して、検査項目をより充実させた「生活習慣病健康診断」を実施している健診機関も多いです。
会社で健康診断を受ける場合は検査項目は会社が決めることですのでご自身で追加することはできないかもしれませんが、一般個人で受診される場合はご自身の体調、自覚症状などを見て追加します。

なお、オプション検査の場合は、それぞれ検査項目毎に料金が発生します。
料金は健診機関によって異なりますので、ご希望の健診機関にご相談、お問い合わせ下さい。

特定健診(メタボ健診)

平成21年からは40歳〜74歳のすべての被保険者・被扶養者を対象にした特定健診(別名メタボ健診)というのもスタートしています。
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防・対策を目的としたものです。
これを受診することによって、メタボに該当・非該当・予備軍などの判定結果が出ます。

検査項目はすべて法定の定期健康診断に含まれていますので、通常何も意識せずとも受診していることになります。
ただし、全22項目の「特定健診質問票」というものに別途記入する必要があります。
健康診断受診時に、この特定健診質問票が配布されると思いますので、そちらに記入して提出するだけでOKです。

一般個人の方は、国民健康保険加入の方でしたら、各自治体を通じて対象者に「特定健診受診券」というものがご自宅に送られてきます。
その受診券を持って健診機関に行けばこの特定健診を受診することができます。

その他の国民健康保険組合加入の方も、健康保険組合を通じて対象者に「受診券」が配布されますので、それで受診可能です。

なお、自己負担額は無料〜数千円と、各自治体や健康保険組合によって異なります。

健康診断の料金

WerbeFabrik / Pixabay

健康診断の料金の相場について

健康診断の料金については、会社勤めされている方でしたら全額会社負担と思いますので通常はあまり意識されることはないかもしれません。
ただし、一般個人の方は基本的に自己負担になりますが、加入されている健康保険によっては補助を受けられて自己負担額が軽減される場合があります。
協会けんぽ等の社会保険の被扶養者になっている方も、補助を受けられて負担額が軽減される場合があります。
補助については、ご加入されている健康保険へお問い合わせ下さい。

以下には、全額自己負担の場合の料金相場を掲載します。

料金相場
定期健康診断(法定):9000円〜10000円
若年者健康診断:3000円〜5000円
雇い入れ時健康診断:6000円〜8000円
生活習慣病健康診断:20000円〜30000円

健診機関によっては料金は異なります。
あくまで参考程度までとさせていただきますのでご了承下さい。

オプション検査の料金相場

上記の健康診断セットの他に一部のオプション検査の相場もご紹介します。

大腸がん検査(検便検査):500円〜2000円
胃部エックス線検査:6000円〜10000円
ペプシノーゲン検査:2000円〜3000円
腫瘍マーカー(3種):3000円〜4000円

胃部エックス線検査は料金が高めですが、胃部エックス線検査の代用として血液検査だけで胃がんリスク検診ができる「ペプシノーゲン検査」が近年増加しています。
血液で胃粘膜の状態などを診断でき、バリウム検査よりも胃がんなどの病変、早期胃がんの発見精度が高いと注目されています。

病院

DarkoStojanovic / Pixabay

健康診断はどこで受けたら良いか?

健康診断はお近くの総合病院、クリニック・医院等でも受診できますが、健康診断に特化した専門の健診機関・健診センターで受診されることをオススメいたします。

総合病院等は健康診断に特化しているわけではありませんので、健康診断に特化した健診機関に比べサービスの面で見劣りしたり、料金が高い可能性があります。
また、一般の外来患者さんと同様に受付するため待ち時間が発生する可能性があります。

それに比べ、健診機関・健診センターは健康診断に特化しているため、スタッフも手慣れており、十分なサービスが得られます。
万一、要再検査などの病変が発覚した場合は、改めて総合病院等で精密検査を受ける必要がありますが、通常は健診専門の機関で受けられたほうが満足度は高いはずです。

健診機関の選び方

会社勤めされている方なら、会社が健診機関を決定することと思います。
料金ももちろん重要になってきますが、結果通知書の見やすさ、サービス、スタッフの対応等を考慮する必要があります。
私個人的には結果通知書の見やすさはけっこう重要視します。
過去の健診結果と時系列で見れるととても便利です。

会社によっては、出張健診(巡回健診)を利用して、受診することもあると思います。
出張健診(巡回健診)は、健診機関がレントゲンバス等で会社まで訪れて会議室等の広めのスペースで健康診断を実施します。
仕事の合間を縫って受診できてとても便利です。

個人で健診機関を選ぶ場合は、交通の便、料金などいろいろなことを加味する必要があるでしょう。
結果通知書の見やすさもやはり重要になってきます。
サービスの面ではさほど大きな差はないと思います。
口コミやホームページ、直接問い合わせる等を行なってお気に入りの健診機関を探してみて下さい。

投稿日:

Copyright© 山ゆり , 2017 AllRights Reserved.