健康診断 病院 治療 ダイエットなど健康情報

山ゆり

病院・クリニック

病院の医療事務のお仕事

投稿日:

病院の事務のお仕事といえば真っ先に思い浮かぶのは「医療事務」かと思います。
少し大きな病院になると、総務課や経理課などもあったりしますが、事務といえば医療事務が思い浮かびますね。
病院はキレイな環境のところが多いですし、医療事務は病院の窓口としての側面もあるため女性には昔から人気がある仕事です。
今日はこの医療事務のお仕事について、話していきたいと思います。

スポンサーリンク

医療事務は病院の顔

みなさん、風邪をひいて病院の外来にかかるときは最初はもちろん受付窓口に行きますよね。
基本的には、その受付窓口でお仕事している人逹が医療事務と言われるスタッフです。
「医事課」と言われる課に所属して仕事をすることが多いです。

患者さんの受付〜会計まで接するので、接客業・サービス業としての面は強いです。
ただし、病院の経営にとっても重要な保険請求業務(レセプト業務)を行うのもこの医療事務です。
他にも、カルテなどを管理する診療情報管理業務や、入院患者さんの対応を行う入院医事業務などもあります。
仕事の幅は実はとっても広いのです。

医療事務は病院を支える縁の下の力持ち

医療事務は受付窓口や電話の窓口として接することが多いのですが、患者さんの立場からみると医師や看護師などに比べると存在は薄いかもしれません。
でも、さきほども言ったように、病院の経営に重要な保険請求業務(レセプト業務)を行うのは医療事務ですし、病院には必須の仕事です。

毎日、色々な患者さんと接することが多く、やりがいを感じることも多い仕事です。
特に女性を中心に人気があります。

入院病棟のある病院だと、医療事務は当直(夜勤)もあります。
夜勤に抵抗がなければ病院勤務がおすすめですが、夜勤が無理な場合はクリニックなどの医療事務をおすすめします。

月末月初は大忙しな保険請求業務(レセプト業務)

月末月初は、保険請求業務(レセプト業務)で残業が必須になります。
この保険請求業務は医療事務にとって最も大変で過酷な仕事です。
保険証番号の記入漏れ、記入間違いがないかチェックしたり、内容がおかしいのがないかチェックしたり・・・。
締め切りは10日までですので、それまでは残業がどうしても多くなります。
しっかり保険請求して収入を得ないと病院としても資金繰りが大変になりますので、とっても重要な仕事なのです。

医療事務の仕事をするには資格は必須?

これはよく聞かれる質問なのですが、医療事務の仕事をするために資格は必須かといえば答えは「No」です。
医療事務の資格は専門学校や通信教育で取得でき、お金さえかければ比較的簡単に取得できる「民間資格」です。
税理士や行政書士などのような業務独占資格ではなく、無資格でも知識さえあれば仕事が可能です。
たとえまったく知識がなくても仕事をしていくうちに身につけることも可能です。
ただ、まったく知識がない状態で就職するとなるとやや不利な面は否めないので、武器として資格を取得する人が多いと思います。

医療事務の給料は安い?

これもよく聞かれる質問ですが、医療事務の給料は安いという話。
せっかくお金をかけて医療事務の資格を取ったのに、給料は一般事務と変わらない・・・という話はよく聞きます。
確かに、普通の企業の一般事務と給料はさほど変わらないと思います。
むしろ、地方だと一般事務よりも給料は安いかもしれません。

病院はやはり医師や看護師が主役ですし、医師や看護師の給料を下げることは医療サービスの質の低下を招く恐れがあるため簡単にはできません。
となると、医療事務などの事務員の給料が真っ先に削減されるわけです。

これから資格を取って病院で働きたい、という人はそういった事は頭に入れておく必要はあるでしょう。
ただ、この仕事は患者さんと接することにやりがいを感じたりして働く人が多いイメージがあります。

医療事務の離職率、人間関係など

医療事務に限らず、病院で働く場合は離職率、人間関係などが特に気になる方が多いと思います。
こればっかりは病院による、としか言えません。
医療事務は女性中心の職場が多いので、人間関係に問題がある職場もあると思います。

あとはさきほども言ったように、給料は一般事務とさほど変わらない、もしくは地方だと一般事務よりも安い場合があります。
仕事内容と給料が見合ってないと、どうしても離職率は高くなると思います。

これから医療事務を目指す人へ

患者さんと直に接することが多い仕事ですので、やりがいを感じることもあると思います。
患者さんに感謝をされたり、喜ばれたりすると、やりがいを感じることが多いようです。
病院の環境によっては合うところ、合わないところがあるかもしれませんが、やりがいを見出しながら頑張ってみてください。

-病院・クリニック

Copyright© 山ゆり , 2017 All Rights Reserved.