健康診断 病院 治療 ダイエットなど健康情報

山ゆり

レントゲン検査

健康診断

ペプシノーゲンによる胃がんリスク検診

更新日:

胃がん、胃潰瘍など胃の病気を検査するには「胃カメラ検査」や「バリウム検査」がよく知られています。
胃カメラは急激に普及が進んでおり、近年では体への負担が少ない鼻からのカメラも広がっています。
とはいえ、一般的な健康診断ではバリウム検査が多い、というのが現状です。
ただ、バリウム検査にも色々な難点があるため、近年健診機関で積極的に実施されているのが血液検査で胃がんリスクが検査できる「ペプシノーゲン検査」です。

スポンサーリンク

胃カメラ検査とバリウム検査

胃カメラ検査はスコープのついたカメラを飲み込んで胃の内部を覗くことができ、小さな病変でも発見できやすいというメリットがあります。
ただ、カメラを飲み込むことはとてもつらく(人によっては苦にならないという人もいますが)、喉に麻酔することで拒絶反応を起こされる人もいます。
そのため、体への負担が少ない鼻からのカメラも少しずつ普及が進んでいますが、やはりまだまだ実施機関は少なく気軽にできるものではありません。

胃カメラ検査は胃の内部の検査にとても有効的ですが、対してバリウム検査は胃の外側、「胃の全体像」を見るのにとても有効です。
一般的に胃の検査というとこのバリウム検査が多いです。
ただ、このバリウム検査も、レントゲン撮影前にバリウムを飲む必要があり、人によってはつらい便秘を引き起こすことがあります。
また、胃カメラ検査に比べて胃の内部の小さな病変を発見できない場合があり、なんらかの異常が発覚した場合は後日改めて胃カメラ検査を行う必要があったりします。

胃カメラ検査、バリウム検査ともにけっして楽な検査ではありませんので、なかなか受診率が上がらないというのが現状のようです。

仕事中にはつらいバリウム検査

出張健診で企業に出向いてバリウム検査を行うことは多々ありましたが、平日の日中に仕事の合間を縫って検査することが多いので、とても嫌がる受診者の方は多かったです。
検査終了後には下剤を飲んで少しでも早く飲み込んだバリウムを排出しなければなりませんが、頻繁にトイレに行くことになると落ち着いて仕事ができたものではありません。
中には健診終了後に商談、営業などに出かける予定の受診者もおり、バリウムがお腹に入ったまま出かけるのは正直しんどいです。

採血

frolicsomepl / Pixabay

血液検査による胃がんリスク検診「ペプシノーゲン」

バリウムも胃カメラもなかなか大変な検査ですが、そこで近年注目されているのが血液検査だけで胃がんリスク検診ができる「ペプシノーゲン」です。
ペプシノーゲン法は、血液で胃粘膜の状態などを診断でき、バリウム検査よりも胃がんなどの病変、早期胃がんの発見精度が高いと注目されています。
バリウムを飲む必要がないため、検査後に頻繁にトイレに行く心配もありません。
また、検査前に食事を控えて胃の中を空にする必要もありません。
出張健診などで仕事の合間を縫って検査をする場合もとても楽ですし、胃がん検診対象外の若年者にもオススメです。
これまでのバリウム検査に変わる胃の検査法として、このペプシノーゲンを実施する健診機関は増えています。

ペプシノーゲンとピロリ菌

ABC検診って聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?
ABC検診とはペプシノーゲンとピロリ菌検査を同時実施し、胃がんリスクをA〜D群まで分類する検診のことです。
胃がんの発生にはピロリ菌の有無が影響しているとも言われており、ペプシノーゲン法とピロリ菌検査を同時検査することで、より精密な検査が可能となっています。
ピロリ菌検査ももちろん血液検査(採血)で可能です。

この検査でA群に分類された場合は通常異常なしと診断されますが、B群〜D群に分類された場合が二次検査(胃カメラ検査等)が必要になります。

最終的には胃カメラ検査などの精密検査は必要

ペプシノーゲンとピロリ菌検査は、これまでのバリウム検査に変わる胃がんリスク検診としてとても有効ですが、最終的にはやはり胃カメラ検査などの精密検査が必要になります。
通常の定期健康診断にプラスして定期的に検査することはオススメです。
また、胃がんリスク検診でB群〜D群に分類された場合は二次検査(胃カメラ検査等)や、定期的な胃カメラ検査等が必要になる場合があります。
なお、胃になんらかの自覚症状がある場合は、検査結果に関係なく医師にご相談下さい。

健診機関にもよりますが、これらの胃がんリスク検診は定期健康診断に含まれておらずオプション検査とされていることが多いですので、基本的には別料金になっております。
ぜひ受診したいという方は、健診機関にご相談、お問い合わせされることをオススメします。

-健康診断

Copyright© 山ゆり , 2017 AllRights Reserved.